レーシック110>レーシック Q&A(手術前)

手術前 よくある質問 Q&A

Q 1: 視力はどのくらいまで、向上(回復)するのでしょうか?
Q 2: レーシック手術は、入院しなくてもいいと聞きましたが?
Q 3: 手術後、すぐ視力は回復するのでしょうか?
Q 4: レーシックは、元の視力に戻ってしまうこともありますか?
Q 5: コンタクトレンズは、手術直前まで使用できますか?
Q 6: 近視や乱視であれば、誰でもレーシックが受けられますか?

Q 7: クリニックに行けば、すぐに手術が受けられますか?
Q 8: 片目だけレーシック手術を、受けることはできますか?
Q 9: レーシックで、失明する心配はないでしょうか?
Q10: 手術後に、合併症(副作用)があると聞きましたが?
Q11: ドライアイで悩んでいます。レーシック手術は大丈夫ですか?
Q12: 近視だけでなく、乱視や遠視もレーシックで治せますか。
Q13: 老眼をレーシックで治せますか?


Q 1:視力はどのくらいまで、向上(回復)するのでしょうか?
A:
視力1.0前後まで向上する例が、一番多いようです。ただ、それぞれの個人差もありますので、 0.7まで向上する方もいれば、1.5まで向上する方もいます。

目安としては、メガネやコンタクトをしたときの、矯正視力に近い視力まで向上すると、考えておくとよいでしょう。

なお、クリニックの手術前の検査で、”視力○.○までぐらいは向上するでしょう”といわれた場合でも、 完全にそれを保証するものでないことを、知っておきましょう。

ページトップへ


Q 2:レーシック手術は、入院しなくてもいいと聞きましたが?
A:
はい、入院の必要はありません。手術終了後、30分〜1時間ほど眼を閉じて、安静にしていれば、その日に帰宅できます。

ページトップへ


Q 3:手術後、すぐ視力は回復するのでしょうか?
A:
すぐ眼が見えるようになり、手術後には自分だけで、電車やバス、徒歩で帰宅することができます。

また、視力の向上は個人差があり、翌日〜1週間程度で実感できるようになります。ただし、向上した視力が安定するまでは、 数カ月〜半年かかると考えておいた方がよいでしょう。

ページトップへ


Q 4:レーシックは、元の視力に戻ってしまうこともありますか?
A:
全くないとは言えません。手術後に眼を酷使したとき、ケアをおこったとき、元々強い近視だった方などに起こることがあり、個人差もあります。

今までの統計では、レーシックを受けた方の数パーセント程度の方が、元に戻っているようです。

ページトップへ


Q 5:コンタクトレンズは、手術直前まで使用できますか?
A:
手術2週間以上前から、使用を中止してください。レーシックは角膜を矯正して、視力を向上させる手術なので、 コンタクトレンズの使用で、角膜に影響を与えないようにします。

また、ウェーブフロントレーシックでは、手術前1カ月ぐらい前から、 コンタクトレンズを使わないようにします。

ページトップへ


Q 6:近視や乱視であれば、誰でもレーシックが受けられますか?
A:
誰でも、手術が受けられるとは限りません。レーシックは角膜の一部をレーザーで削って、視力を向上させるので、 角膜の薄い方や眼の病気をお持ちの方、あるいは手術をしても効果が期待できない方は、手術を断られるときもあります。

また、18才未満、妊娠中・授乳中の方も手術できません。詳しくは、このサイトのレーシック手術前を ご覧ください。

レーシック手術が可能かどうかは、手術前に角膜を、専用の機器で調べることになります。なお角膜の薄い方は、エピレーシック、ラセック(LASEK)、PRKなどであれば、手術が可能です。

ページトップへ


Q 7:クリニックに行けば、すぐに手術が受けられますか?
A:
いいえ、当日すぐに手術を受けることはできません。まず、角膜の検査をして手術が可能かどうか、チェックする必要があります。

たとえ可能であっても、角膜検査のときに使用した点眼薬の影響がありますので、後日の手術となります。

ページトップへ


Q 8:片眼だけレーシック手術を、受けることはできますか?
A:
もちろん可能です。レーシックは片眼だけでも、両眼を同時に手術することも可能で、何の問題もありません。

ページトップへ


Q 9:レーシックで、失明する心配はないでしょうか?
A:
レーシックは今まで十数年の実績がありますが、失明した事例は1件もありません。ただし、今後も全く失明の可能性がないとは、 断言できません。

ページトップへ


Q10:手術後に、合併症(副作用)があると聞きましたが?
A:
手術直後から、いくつかの症状がでることがあります。夜間、光の周りに霧がかかったように見えるハロ(ハロー)現象や、 明るい所がまぶしく見えるグレア現象、ドライアイなどが代表的な症状です。

しかし、これらの症状はレーシックの手術後、数カ月〜半年で自然に治っていきます。治るまでの間も、 日常生活に困るような重い症状ではありません。
詳しくは、レーシック合併症をご覧ください。

ページトップへ


Q11:ドライアイで悩んでいます。レーシック手術は大丈夫ですか?
A:
レーシックは角膜を矯正して、視力が向上するため、メガネやコンタクトがいらなくなります。ですから、今まで、 ドライアイでコンタクトが使えなかった方には、よい方法といえます。

ただし、クリニックで検査を受けて、手術しても問題ないかチェックしてもらいましょう。

ページトップへ


Q12:近視だけでなく、乱視や遠視もレーシックで治せますか。
A:
レーシックは主に近視の矯正に効果がありますが、乱視や遠視の矯正も可能な場合があります。 これについては、個人差がありますので、まず、クリニックで検査してもらうことをオススメします。

また、レーシックイ以外の手術の方が、効果がある場合も多いので、クリニックでよく相談してみるとよいでしょう。

ページトップへ


Q13:老眼をレーシックで治せますか?
A:
いいえ、老眼を治すことはできません。老眼は、加齢が原因ですから、レーシックは効果がないと考えた方がいいでしょう。しかし、老眼でお悩みの方でも、近視や乱視を治すことはできます。

ページトップへ



次ページ→ レーシック Q&A(手術当日)