レーシック110>ラセック(LASEK)手術


ラセック(LASEK)手術は、アルコールを使った手術方法で、角膜の薄い方や、 激しい運動をするスポーツ選手にも有効です。

ラセック手術は、PRK手術の欠点である、手術後の痛みを和らげるため、とても薄いフラップを作るのが特徴です。

ラセック(LASEK)手術とは

ラセック手術は、角膜の一番外側(角膜上皮層)を、アルコールで”ふやかして”フラップを作り、 その後で、レーザーを照射して視力を矯正する手術です。

角膜上皮層だけでフラップを作るため、レーシックで作るフラップと区別して、「上皮フラップ」と呼ばれ、その厚さは約0.05ミリぐらいです。

(レーシックのフラップは、角膜上皮層+ボーマン膜+角膜実質層の一部で作られ、厚さは約0.15〜0.18ミリぐらいです。)

このラセック手術は、1999年にイタリア人医師Camellinによって考案され、PRKエピレーシックと同じく、表面照射法と呼ばれる視力矯正手術です。

最近は、レーシックがずいぶん普及しており、ラセック手術に特別のメリットがないため、あまり普及していないのが現状です。

ただし、ラセックの上皮フラップは、非常に薄いため、レーシックで不可能であった、 角膜の薄い方や強度の近視の方でも、手術が可能になっています。

また、上皮フラップ(角膜上皮層)は、手術後約1〜2週ほどすると、新しく再生されますので、眼に強い刺激を与える、 スポーツ選手や格闘家に向いた手術方法です。

上皮フラップ(角膜上皮層)は痛みを感じる部分なので、再生がある程度、完了するまでの約1週間は、 痛みや違和感があります。

ただし上皮フラップを作らずに、レーザーをそのまま角膜に照射するPRKよりは、痛みが少なくなっています。

*「ラセック」は、「ラゼック」or「ラーセック」or「レーゼック」と、呼ばれることもあります。

ページトップへ

ラセック手術の流れ

ラセック手術の具体的な流れは、次のような手順で行なわれ、手術時間は、片眼で約5〜10分ぐらいです。

1)眼内をきれいに洗浄、消毒します。
        ▼

2)点眼薬で局部麻酔します。これで、手術しているときの痛みはありません。
        ▼

3)ラセック手術中に、まばたきしないように開眼器で、まぶたを固定します。
        ▼

4)角膜上皮を、アルコールで20秒〜30秒浸して、角膜上皮をふやかします。
(アルコールを使用するのが、ラセック手術の特徴です。)
        ▼

5)洗浄液で、アルコールを取り除いた後で、ふやけて柔らかくなった角膜上皮を持ち上げ、上皮フラップを作ります。
        ▼

6)フラップをめくり、「エキシマレーザー」を照射して、角膜の矯正を行ないます。レーザーの照射は、「アイトラッカー」と呼ばれる自動追尾装置によって、たとえ眼球が動いても、 それに合わせて照射が行なわれます。

レーザーの照射が終わったら、上皮フラップを元の位置に戻し、角膜に吸着させます。
        ▼

7)最後に、眼内の分泌液を洗浄して、保護用のコンタクトレンズをつけてラセック手術は終了です。
コンタクトレンズは、数日〜1週間ほど装着の必要があり、クリニックで眼に異常がないかチェックした後に、はずすことになります。

ページトップへ

ラセック手術のメリット

メリット1.

ラセック手術は、上皮フラップが薄いため、従来のレーシックでは手術できなかった、角膜の薄い方でも手術が可能です。

また上皮フラップのずれを、さほど心配する必要がなく、激しい運動をする、格闘家やスポーツ選手に適しています。

上皮フラップは、もともと角膜上皮層で作られますが、この角膜上皮層は再生能力があり、手術後2週間ほどで、 全て新しく入れ替わりますので、レーシックに比べ衝撃に強いメリットがあります。

メリット2.

ラセック手術は、PRK手術よりも手術後の痛みが少なくなっています。

メリット3.

レーシックでは、フラップを作るときにマイクロケラトームが使われますが、これは網膜に異常がある方には、危険性があります。 ラセックでは、マイクロケラトームは使用しません。

ラセック手術のデメリット

デメリット1.

ラセック手術は、PRK手術ほどではありませんが、手術後、数日〜1週間程度、痛みがあります。一方、レーシック手術では、個人差もありますが手術後に麻酔が切れても、ほとんど痛みはありません。

デメリット2.

日常生活に、支障がないほどに視力が回復するまでは、数日〜1週間ほどかかります。 このため、両眼を同時に手術することは難しくなります。

デメリット3.

ラセック手術は、アルコールで角膜をふやかして柔らかくするため、エキシマレーザーを照射したときに、 正確な照射ができない可能性があります。

また、アルコールを使用することによって、将来的に眼に何らかの障害が起らないとは、今のところ断言できません。

デメリット4.

ラセック手術は、角膜の表面をレーザーで照射する手術のため、まれに角膜のにごり(ヘイズ) が起こることがあります。

ページトップへ



次ページ→ PRK手術