レーシック110>レーシックのデメリット


レーシックデメリットの1つは、アメリカで認可されてから、まだ10数年しかたっていないため、手術後の実績が、 多少不十分なところがあります。

眼は、身体の中でもとてもデリケートな部分ですから、レーシックのデメリットをよく知ってから、 手術するかどうか決めたいものですね♪

デメリット1 安全性

どの手術にでも言えるデメリットですが、レーシック手術でも100%の成功率は保証されていません。
手術後に視力が元に戻ってしまう「近視の戻り(再近視化)」や、手術後の合併症が、全くないとは断言できません。

しかし今まで、全世界で数百万件以上行なわれたレーシックで、失明したという事例は1例もありません。

また、視力が思ったほど向上せずに再手術したケースは、全体の数パーセント以内になっており、レーシックの安全性のデメリットは、 かなり小さいといえます。

デメリット2 年令と個人差

レーシックは、原則として18才以上になるまでは、手術を受けられない デメリットがあります。

これは、18才未満では、眼も身体と同じように、まだ成長段階であるため、手術後の安全性が保証できないからです。

また、角膜に一定以上の厚みがないと、手術の効果がないため、手術を断られる方もいます。
角膜の厚みには、それぞれ個人差があり、手術前に必ず検査して厚みをチェックし、 レーシック手術が有効かどうかをクリニックで、判断してもらいます。

これについては、近年行なわれている「イントラレーシック」や、レーシック以外の手術方法によって、角膜が薄い方でも手術が可能です。 (もちろん、それにも一定の限界がありますが。)

ページトップへ

デメリット3 視力の安定とケア

レーシックは手術直後でも、眼が見える状態で視力も向上しますが、それが安定するまでは、 数カ月〜半年くらいかかります。
それまでは、視力の不安定さから多少、生活上不都合なことが起るデメリットがあります。

また、手術時に作った「フラップ」は、眼の角膜にぬい合わせていませんので、 手術直後の1週間は、フラップが不安定にならないように、十分注意しなければなりません。

特に、スポーツや運動を習慣にしている方は、1カ月ぐらい中止しなければいけないデメリットがあります。

ページトップへ

デメリット4 合併症

眼が乾いて、カサカサするドライアイになったり、 色の明暗(コントラスト) の見分けが、悪くなったりするデメリットがあります。

その他、暗いところで光を見ると、その周辺にモヤがかかったように見える「ハロ現象」や、 明るいところがまぶしく見える「グレア現象」などの、デメリットもあります。

ただレーシックの手術後、数カ月〜半年たつと、これらの合併症の症状は、なくなってしまいます。
合併症の詳細については、レーシック合併症をご覧ください。

ページトップへ

デメリット5 手術代

レーシックは、健康保険が利用できない自由診療になっているため、 手術代は全て自己負担になるデメリットがあります。

実際の手術代は、片目で10〜25万円、両目で20〜50万円ぐらいが多くなっています。 (自由診療のため、各クリニックの判断に任されているため、クリニックによって、かなり幅があります。)

ただ、生命保険や医療保険に加入している方には、保険会社から手術給付金が、 支給されるケースもありますので、加入先の保険会社に確認してみるのがよいでしょう。
手術給付金については、レーシック保険をご覧ください。

ページトップへ



次ページ→ レーシック合併症