レーシック110>レーシック保険


レーシック保険に関しては、健康保険|生命保険|手術給付金の3つがあります。

レーシックの手術は、料金に幅があり、片目だけで10〜25万円、両目になると20〜50万円もかかるのが普通です。レーシックは、できるだけ保険を使って、負担を軽くしたいものですね♪

レーシック 健康保険

レーシックは、いわゆる保険のきかない自由診療になるため、 残念ながら健康保険を利用することができません。

今のところ、近視や乱視は直接、健康を損なっていない、という理由で整形手術に含まれるからです。 また、自由診療であるため手術代も、各クリニックの判断で自由に決めることができます。

そのため、同じ内容のレーシックであっても、クリニックによって料金に差が出てくるのが現状です。

健康保険が、利用できる治療や手術であれば、本人の負担は3割で済むのですが、 レーシック手術では、全て自分で支払うことになるので、負担が大きくなります。

これは、一般のサラリーマン・OL・公務員が、加入している健康保険でも、自営業者が加入している、国民健康保険でも同じです。
つまり、レーシックについては、公的な健康保険の適用外となっているのです。

しかし、医療費控除の確定申告をして税金を安くしてもらったり、 あるいは、民間の生命保険から、レーシックの手術給付金を受け取ることもできます。

*医療費控除については、レーシック医療費控除のページをご覧ください。

ページトップへ

レーシック 生命保険

レーシック手術を受けた方が、生命保険や医療保険に加入しているときは、 手術給付金が支給されるケースがあります。

多くの生命保険会社では、レーシック手術の給付金が用意されており、 給付金額は大体4万円〜10万円程度が多いようですが、保険会社や保険内容によって、違いがでてきます。

ただし、レーシック手術を受けたからといって、必ず給付金が支払われるとはいえません。 加入している保険のプランや種類によって、支給されないときもあります。

レーシック手術前に、直接、契約されている保険会社に問い合わせておくことを、オススメします。

お問合せのときは、レーシック手術の正式名称である、「レーザー角膜屈折矯正手術」 であることを、必ず伝えておかないと、給付金が支給されない場合もありますので、ご注意ください。

なお最近では、レーシックの給付金を受け取るためだけに、保険に加入する人が見受けられるため、支給条件が厳しくなるケースもあるようです。

ページトップへ

レーシック 手術給付金の受け取り

保険会社から、レーシックの手術給付金が支給される場合は、次のような注意点があります。

診断書

給付金を請求するときは、保険会社に提出する医師の診断書が必要で、 診断書を作ってもらうにあたり、手術代とは別に3,000〜6,000円程度の費用がかかります。
(クリニックによっては、無料で作成してくれるところもあります。)

診断書のフォーマット

ほとんどの保険会社には、手術給付金の診断書のフォーマット(専用の用紙)が用意されていますので、 これを取寄せてクリニックで、診断書を作成してもらいます。

もし、保険会社に診断書のフォーマットがない場合は、レーシック手術を受けたクリニックの用紙で、作成してもらってかまいません。

後は、作成した診断書を生命保険会社に送付しておけば、レーシックの手術給付金が支給されるのを、待つだけになります。

ページトップへ



次ページ→ レーシック医療費控除