レーシック110>エピレーシック手術


エピレーシック手術は、格闘家やプロのスポーツ選手の、実績が多い手術です!

ここでは、エピレーシック手術の流れやレーシックとの相違点、エピレーシック手術当日の注意点を、取り上げています。

エピレーシック手術の流れ

エピレーシック手術の流れは、基本的にレーシックと同じ手順になっていますが、フラップの作り方と、 最後に保護用コンタクトレンズをつけるところが違います。

エピレーシック手術にかかる時間は、片眼で10分ほど、両眼で20分ほどで終わります。

1)最初に、眼をきれいに洗浄します。
       ▼

2)点眼液で局部麻酔します。 この麻酔によって、エピレーシックの手術中は痛みをほとんど感じません。
       ▼

3)エピレーシックでは、「エピケラトーム」と呼ばれる医療機器で、 角膜の表面(角膜上皮)だけを薄く削り、「上皮フラップ」を作ります。
上皮フラップは、角膜から切り離さず、一部を角膜につなげたままで、最後に元の位置に戻します。
       ▼

4)開眼器でまぶたを固定し、手術中にまばたきしないようにします。
       ▼

5)上皮フラップをめくります。
       ▼

6)上皮フラップをめくった部分に、約15〜25秒間「エキシマレーザー」を照射します。 エキシマレーザーはコンピューター制御されていますので、照射中に眼球が動いても、正確にレーザーが照射されます。
これによって角膜を矯正して、近視や乱視を治します。
       ▼

7)上皮フラップを元に戻し、眼内をきれいに洗浄した後で、保護用コンタクトレンズをつけると、 エピレーシック手術は終りです。

元に戻した上皮フラップは、新しい角膜上皮層が再生されると、涙によって眼外に排出され、入れ替わります。
エピレーシック手術が終わったら、しばらくクリニックで休憩します。医師のチェックを受けて異常がなければ、そのまま帰宅できます。

ページトップへ

エピレーシック手術とレーシック手術の違い

エピレーシック手術と、レーシック手術の大きな違いは、次の2つがあげられます。

フラップの違い

エピレーシックでは、角膜の一番外側(角膜上皮層)だけで、フラップを作りますので、 角膜の薄い方や強度の近視の方も手術できます。

また、角膜上皮層は再生機能があるので、時間がたつと上皮フラップは、はがれ落ちて、 新しくできた上皮層と入れ替わります。

これによって、エピレーシックの手術前と同じように、角膜全体が全て一体になりますので、スポーツ選手や格闘家のような、 激しい運動をする方に適した手術方法といえます。

一方、レーシックでは、角膜上皮層+ボーマン膜+角膜実質層の一部で、フラップを作るため、 角膜の薄い方や強度の近視の方は手術できない場合が多くなっています。

フッラプも手術後、角膜に固定はされますが、エピレーシックのように全て一体にはなりませんので、 激しい運動をする方には、不向きといえます。

コンタクトレンズ

エピレーシックでは、薄い上皮フラップを保護するために、保護用コンタクトレンズをつけます。 手術後1週間ほどすると、角膜上皮層の再生が進みますので、その時点で、コンタクトレンズは不用になります。

一方レーシックでは、コンタクトレンズをつける必要はありませんが、手術後1週間ほどは、フラップがずれないように、 アフターケアは十分気を付ける必要があります。

安静な生活をしていれば、エピレーシック手術後1週間ほどで、ジョギングなどの軽い運動ができ、1カ月たてば、 水泳や他の運動も可能になります。

ページトップへ

エピレーシック手術当日の注意点

手術当日に、トラブルが起きないための、いくつかの注意点がありますので、ここで、リストアップしました。

注意点1.

エピレーシック手術当日にメイクしたり、整髪料、香水を使うのはやめましょう。炎症や合併症を防ぐのに大切なことです。

注意点2.

当日クリニックに行くと、手術後の注意点の説明、眼の最終検査、エピレーシック手術の同意書の作成がありますので、 手術開始30分ほど前に、着くようにします。

注意点3.

長髪の方は、ヘアゴムやヘアピンで、髪が手術のじゃまにならないようにします。また服装は、服を脱ぐときに眼に刺激を与えるような、 セーターなどは着ないようにします。

注意点4.

エピレーシック手術直後は、視力が落ちますので、当日の車の運転はさけ、 クリニックまではバスや電車を使いましょう。できれば、付き添いの人と一緒に来るのがよいでしょう。

注意点5.

エピレーシック手術前には、クリニックで次のことが行なわれます。

(ア)手術の手順を説明
手術の手順や手術後の注意点が、医師から話があり、同時に手術後のケアについても説明されます。

(イ)眼の検査
手術を行なっていいか、眼の状態を最終チェックします。すでに手術前の検査で、詳細な検査が済んでいますので、 問題がなければ手術が開始されます。

(ウ)手術同意書の確認とサイン
エピレーシック手術のリスクが説明され、手術がお互いの同意の上で、行なわれることを確認する書類が渡されます。 内容や疑問点をチェックしてからサインします。

主な手術のリスクは、次のようなものがあります。
 ・エピレーシックの合併症(症状はレーシックと同じ)
 ・近視の戻り(再近視化)
 ・初めに想定したほど、視力が向上しなかった

注意点6.

手術が終わったら、強い紫外線から眼を守るために、サングラスや保護用メガネをかけて、 まっすぐ帰宅します。

注意点7.

エピレーシックは、ドライアイになりやすいため、クリニックから渡された点眼薬を、 指示どうりに使用します。(市販の目薬を使うのは避けましょう。)

ページトップへ



次ページ→ ラセック(LASEK)手術