レーシック110レーシック用語集> ウェーブフロントアナライザーとは

レーシック用語集

ウェーブフロントアナライザー

ウェーブフロントアナライザーとは、ウェーブフロントレーシックで使われる医療機器で、 角膜や水晶体の微妙なひずみを、分析することができます。
日本語名を「波面収差解析装置」といいます。

人間の角膜水晶体の形は、それぞれ個人差がありますので、 その個人差をウェーブフロントアナライザーで、データ化することにより、 その人に一番合った視力矯正手術が、可能になります。

もちろん、他の手術においても、眼のデータを取りますが、ウェーブフロントアナライザーのように、非常に微妙なひずみまでは、 データ収集できません。

手術するときは、前もってウェーブフロントアナライザーで、ひずみのデータを正確に取り、 そのデータに連動させ、エキシマレーザーの照射を調整し、 角膜を矯正します。

これによって、通常のレーシックでは不可能だった、乱視 や不正乱視の矯正も可能になりました。その上、同じ視力であっても、物がクリアに見えるという効果も、期待できるようです。

ただし、乱視や不正乱視が、全て治るという保証はなく、コンタクトレンズやメガネよりも、効果が低いという報告もいくつかあります。

また、円錐角膜などの場合は、他の視力矯正手術と同じように、手術不可能です。

手術の内容は、基本的にレーシックと同じで、データを元にエキシマレーザーの照射を、 コンピュータ制御するところだけが違います。

現在のところ、ウェーブフロントアナライザーやエキシマレーザーを制御する、専用機器が非常に高価なため、 実際にウェーブフロントレーシックを行なっているクリニックは、かなり少ないようです。




◆その他のレーシック用語集
◇レーシック
フラップとは
上皮フラップとは
角膜厚測定とは
角膜形状解析とは
エキシマレーザーとは
イントラレーザーとは
マイクロケラトームとは
エピケラトームとは
アイトラッカーとは
ウェーブフロントアナライザーとは
◇眼の構造
虹彩とは
房水とは
水晶体とは
毛様体とは
硝子体とは
網膜とは
脈絡膜とは
強膜とは
黄班とは
角膜上皮層とは
ボーマン膜とは
角膜実質層とは
デスメ膜とは
角膜内皮層とは
◇眼の異常
近視とは
乱視とは
遠視とは
老眼(老視)とは
弱視とは
◇眼の病気
ドライアイとは
飛蚊症とは
円錐角膜とは
白内障とは
緑内障とは
網膜剥離とは
◇その他
視力とは
円柱レンズとは
眼圧とは
屈折度数とは

HOME