レーシック110レーシック用語集>老眼(老視)とは

レーシック用語集

老眼(老視)

老眼(老視)とは、年令を重ねるにつれ眼の調整機能が低下して、近くが見えにくくなることです。 人間は眼の角膜水晶体で、 光を屈折させて網膜に、焦点を結ぶことによって、物を見ています。

近くを見るときは水晶体を厚くして、遠くを見るときは水晶体を薄くして、うまくピント調整しています。

しかし、年令とともに水晶体の弾力が衰えてきて、若い頃よりは水晶体の厚みを、 自由に変えることが難しくなってきます。(老眼の原因は、特に水晶体の衰えが大きい)

また、水晶体の厚みを変える働きをしている、毛様体筋も 同じように衰えてきます。

老眼は、通常40才中頃から始まりますが、これには個人差があり、50〜60才代の場合もあります。

近くが見えにくくなる老眼の症状は、いきなり進行が早まることはなく、年令とともに少しづつ進行 していきます。

ときどき、”近視の人は、老眼になりにくい”ということを耳にしますが、元々、近くのものがよく見えるのが、近視ですから、 老眼の症状がわかりにくいだけのことです。

また、その逆に”遠視の人は、早く老眼になりやすい”ということも耳にしますが、これも元々、 近くの物がはっきり見えないのが遠視ですから、老眼に早く気付くだけのことです。

老眼は、年令の違いはあるにせよ、誰でも年令を重ねることによって進行するものです。ただ、その方の眼の状態によって、 はっきり自覚できる場合と、そうでない場合があることを、知っておくとよいでしょう。




◆その他のレーシック用語集
◇レーシック
フラップとは
上皮フラップとは
角膜厚測定とは
角膜形状解析とは
エキシマレーザーとは
イントラレーザーとは
マイクロケラトームとは
エピケラトームとは
アイトラッカーとは
ウェーブフロントアナライザーとは
◇眼の構造
虹彩とは
房水とは
水晶体とは
毛様体とは
硝子体とは
網膜とは
脈絡膜とは
強膜とは
黄班とは
角膜上皮層とは
ボーマン膜とは
角膜実質層とは
デスメ膜とは
角膜内皮層とは
◇眼の異常
近視とは
乱視とは
遠視とは
老眼(老視)とは
弱視とは
◇眼の病気
ドライアイとは
飛蚊症とは
円錐角膜とは
白内障とは
緑内障とは
網膜剥離とは
◇その他
視力とは
円柱レンズとは
眼圧とは
屈折度数とは

HOME