レーシック110レーシック用語集>乱視とは

レーシック用語集

乱視

乱視とは、角膜や水晶体のゆがみによって、網膜に焦点が合わないことをいいます。 乱視は多くの場合、水晶体よりも角膜のゆがみが、主な原因になっているようです。

人間の角膜水晶体は、きれいな曲線の形で、 外から入ってきた光を網膜上に、焦点を合わせることができますが、 実は、完全な曲線を持った人は、ほとんどいません。

ただ、そのゆがみが小さいので、視力が悪くなったり、自分が軽い乱視であることに、気付かない場合が多いのです。

逆に、このゆがみが大きくなると、物がぼやけたり、二重に見えたりする乱視となるわけです。
乱視は、角膜のゆがみ方によって、次の2つに分けることができます。

正乱視

一般的に、角膜の屈折率の一番大きい部分と、屈折率の一番小さい部分が垂直になっている乱視 をいいます。

例えば、角膜を縦に切ったときに、角膜の曲がり具合(屈折率)が一番大きく、横に切ったときに、 角膜の曲がり具合が一番小さいときなどです。(ゆがみにも、一定の法則があるのが正乱視)

つまり、角膜に縦方向に入ってきた光の焦点と、横方向に入ってきた光の焦点が違います。 このため、物が二重に見えたり、ぼやけて見えるわけです。

正乱視を矯正するには、ウェーブフロントレーシックで手術するか、 円柱レンズを使ったメガネをかけることになります。

レーシック用語・正乱視


不正乱視

不正乱視は、角膜の表面に凹凸があるために、どこにも焦点が結ばれない状態をいい、 角膜のケガや病気によって、起ることが多くなっています。

(虫めがねの表面が、でこぼこしていると、きれいに焦点を結ばないのと原理は同じです。)

不正乱視は、正乱視よりも状態が悪いため、円柱レンズのメガネでの矯正は難しく、乱視用のコンタクトレンズを、 使用することになります。

以前は、ハードタイプのコンタクトレンズしかありませんでしたが、現在ではソフトタイプもあります。




◆その他のレーシック用語集
◇レーシック
フラップとは
上皮フラップとは
角膜厚測定とは
角膜形状解析とは
エキシマレーザーとは
イントラレーザーとは
マイクロケラトームとは
エピケラトームとは
アイトラッカーとは
ウェーブフロントアナライザーとは
◇眼の構造
虹彩とは
房水とは
水晶体とは
毛様体とは
硝子体とは
網膜とは
脈絡膜とは
強膜とは
黄班とは
角膜上皮層とは
ボーマン膜とは
角膜実質層とは
デスメ膜とは
角膜内皮層とは
◇眼の異常
近視とは
乱視とは
遠視とは
老眼(老視)とは
弱視とは
◇眼の病気
ドライアイとは
飛蚊症とは
円錐角膜とは
白内障とは
緑内障とは
網膜剥離とは
◇その他
視力とは
円柱レンズとは
眼圧とは
屈折度数とは

HOME