レーシック110レーシック用語集>黄班とは

レーシック用語集

黄班(おうはん)

黄班は、網膜の一番後ろ(眼底)にあり、物を見るときにとても重要な役割をする部分です。

眼を観察すると、際立って黄色くなっているので、この名称がついており、 色を識別する視細胞が数多く存在しています。

レーシック用語・黄班

通常、人が物を見るときは、視野全体に物の形や色、明るさを感じていますが、一番はっきり見える部分は、 一部分に限られています。この一番はっきり見える所を、感じるのが黄班なのです。

例えば、本を読んで文字を認識しているときや、ある一点を凝視しているときは、黄班に光のピントが合っているのです。

カメラで写真を撮ると、全体が一様にはっきり写りますが、眼で物を見るときは、黄班で見ている部分が一番はっきり見え、 他は多少ぼやけていますね。

この黄班の中でも、特に光に敏感な部分を、中心窩(ちゅうしんか)と呼んでいます。

ですから、この黄班が傷ついたり、網膜剥離(もうまくはくり)で 黄班の部分がはがれたりすると、視力が大きく低下します。

その他、加齢によって黄班に老廃物がたまったり、細胞が萎縮したりする「加齢黄班変性」になっても、視力が大幅に低下します。




◆その他のレーシック用語集
◇レーシック
フラップとは
上皮フラップとは
角膜厚測定とは
角膜形状解析とは
エキシマレーザーとは
イントラレーザーとは
マイクロケラトームとは
エピケラトームとは
アイトラッカーとは
ウェーブフロントアナライザーとは
◇眼の構造
虹彩とは
房水とは
水晶体とは
毛様体とは
硝子体とは
網膜とは
脈絡膜とは
強膜とは
黄班とは
角膜上皮層とは
ボーマン膜とは
角膜実質層とは
デスメ膜とは
角膜内皮層とは
◇眼の異常
近視とは
乱視とは
遠視とは
老眼(老視)とは
弱視とは
◇眼の病気
ドライアイとは
飛蚊症とは
円錐角膜とは
白内障とは
緑内障とは
網膜剥離とは
◇その他
視力とは
円柱レンズとは
眼圧とは
屈折度数とは

HOME