レーシック110レーシック用語集>脈絡膜とは

レーシック用語集

脈絡膜

脈絡膜は、強膜(白目の部分)の内側にある膜で、脈絡膜内にある血管で、 眼球や網膜に酸素や養分を補給しています。 また、眼球内の老廃物を運び出す役割もあります。

網膜自体にも血管があり、同じ働きをしていますが、脈絡膜の方がその割合が多くなっています。

このため網膜剥離(もうまくはくり)で、脈絡膜と網膜が離れてしまったり、 脈絡膜が傷つくと網膜の機能が低下して、視力が極端に落ちることになります。

レーシック用語・脈絡膜

また、脈絡膜は色素を多く含んでおり、瞳孔以外から余分な光が入ってこないように遮断する、 カーテンの役割もしています。

この脈絡膜と、虹彩毛様体は一つの連続した組織で作られており、 これらをまとめて「ぶどう膜」と呼んでいます。

この部分が炎症を起こす病気として、ぶどう膜炎が知られています。




◆その他のレーシック用語集
◇レーシック
フラップとは
上皮フラップとは
角膜厚測定とは
角膜形状解析とは
エキシマレーザーとは
イントラレーザーとは
マイクロケラトームとは
エピケラトームとは
アイトラッカーとは
ウェーブフロントアナライザーとは
◇眼の構造
虹彩とは
房水とは
水晶体とは
毛様体とは
硝子体とは
網膜とは
脈絡膜とは
強膜とは
黄班とは
角膜上皮層とは
ボーマン膜とは
角膜実質層とは
デスメ膜とは
角膜内皮層とは
◇眼の異常
近視とは
乱視とは
遠視とは
老眼(老視)とは
弱視とは
◇眼の病気
ドライアイとは
飛蚊症とは
円錐角膜とは
白内障とは
緑内障とは
網膜剥離とは
◇その他
視力とは
円柱レンズとは
眼圧とは
屈折度数とは

HOME