レーシック110レーシック用語集>毛様体とは

レーシック用語集

毛様体

毛様体には、水晶体の厚みを変えることと、房水を分泌する2つの大きな働きがあります。

レーシック用語・毛様体

まず、物をはっきり見えるようにするためには、眼に入ってきた光を正確に網膜上に、 ピント合わせする必要があります。

このピント合わせに欠かせないのが、水晶体の厚みで、 これを調整しているのが、毛様体にある毛様体筋です。

加齢によって、視力が低下することを老眼(老視)といいますが、その原因の一つが毛様体筋の衰えです。

次に、角膜や眼球には血管がないため、養分や酸素を補給し老廃物を運び出すには、血管に代わるものが必要になります。 この働きをするのが、房水になります。

毛様体は、この房水を毛様体の細胞の中で作り出し、 バランスよく分泌して眼の中を循環させているのです。

もし、房水の循環がうまくいかないと、眼圧が高くなり、緑内障などの症状が起ってきます。




◆その他のレーシック用語集
◇レーシック
フラップとは
上皮フラップとは
角膜厚測定とは
角膜形状解析とは
エキシマレーザーとは
イントラレーザーとは
マイクロケラトームとは
エピケラトームとは
アイトラッカーとは
ウェーブフロントアナライザーとは
◇眼の構造
虹彩とは
房水とは
水晶体とは
毛様体とは
硝子体とは
網膜とは
脈絡膜とは
強膜とは
黄班とは
角膜上皮層とは
ボーマン膜とは
角膜実質層とは
デスメ膜とは
角膜内皮層とは
◇眼の異常
近視とは
乱視とは
遠視とは
老眼(老視)とは
弱視とは
◇眼の病気
ドライアイとは
飛蚊症とは
円錐角膜とは
白内障とは
緑内障とは
網膜剥離とは
◇その他
視力とは
円柱レンズとは
眼圧とは
屈折度数とは

HOME