レーシック110レーシック用語集>網膜剥離とは

レーシック用語集

網膜剥離(もうまくはくり)

網膜剥離とは、網膜がはがれて硝子体の中に、 ふわふわ浮いた状態になる病気です。網膜剥離をそのままにしておくと、失明してしまうので、なるべく早く治療する必要があります。

網膜は厚さ約0.1〜0.4ミリほどで、10層からできており、 一番外側の層を「網膜色素上皮」、内側の9層を「神経網膜」 と呼ばれています。網膜剥離ではがれるのは、この神経網膜です。

神経網膜には、色や形、明るさを感じる細胞がびっしりと並んでいて、 特に重要なのが網膜の中央部にある「黄班」です。

この黄班は、物が一番はっきり見える部分で、ここがはがれると、手術しても視力の回復は、あまり期待できません。

レーシック用語・網膜、硝子体、黄班

網膜剥離の原因で、一番多いのが加齢による眼の老化です。中高年になると、 眼の硝子体がゲル状から、徐々に液状に変化して、その影響で網膜に裂け目ができてしまいます。

この裂け目に、液状化した硝子体が入ってしまうと、神経網膜が、少しずつはがれてくるのです。 また、眼を強く打撲したときにも、同じようなことが起ります。

このような症状を専門的には、「裂孔原性網膜剥離(れっこうげんせいもうまくはくり)」 と呼んでいます。

その他にも、ぶどう膜の炎症や糖尿病が原因で、同じように網膜剥離が起る場合があります。

一度、網膜剥離になると、自然に治ることはなく、病状が進行してしまいます。はがれてしまった網膜には、 養分や酸素が運ばれなくなるだけでなく、外から入ってきた光の情報を脳に送ることもできません。

そして、網膜が剥離したままで時間がたつと、機能が低下してしまい、たとえ後から手術しても、 元の視力に回復するのは難しくなります。

網膜剥離の症状としては、
 ・視野欠損・・・物が見える範囲が狭くなる
 ・視力低下・・・物がぼやけて見える
 ・飛蚊症・・・視界の中に、黒い虫や糸くずが、浮かんでいるように見える
 ・光視症・・・視界の中に、小さな稲妻のような光が見える

などの症状があります。網膜剥離では痛みを感じませんので、このような症状がでたときは、 すぐにクリニックで診察してもらいましょう。

早期に手術すれば、90〜95%以上の確率で、十分な視力回復が可能になっています。




◆その他のレーシック用語集
◇レーシック
フラップとは
上皮フラップとは
角膜厚測定とは
角膜形状解析とは
エキシマレーザーとは
イントラレーザーとは
マイクロケラトームとは
エピケラトームとは
アイトラッカーとは
ウェーブフロントアナライザーとは
◇眼の構造
虹彩とは
房水とは
水晶体とは
毛様体とは
硝子体とは
網膜とは
脈絡膜とは
強膜とは
黄班とは
角膜上皮層とは
ボーマン膜とは
角膜実質層とは
デスメ膜とは
角膜内皮層とは
◇眼の異常
近視とは
乱視とは
遠視とは
老眼(老視)とは
弱視とは
◇眼の病気
ドライアイとは
飛蚊症とは
円錐角膜とは
白内障とは
緑内障とは
網膜剥離とは
◇その他
視力とは
円柱レンズとは
眼圧とは
屈折度数とは

HOME