レーシック110レーシック用語集>網膜とは

レーシック用語集

網膜

網膜は、角膜水晶体によって、 ピントを合わされた光を受け取り、それを信号に変えて、脳に送る役割をしています。

網膜は、硝子体(しょうしたい)の外側を薄く包むような場所にあり、 厚さ約0.1〜0.4ミリの薄い膜になっています。

レーシック用語・網膜

網膜を細かくみてみると、10層からできており、内側の9層は「神経網膜」、 外側の1層は「網膜色素上皮細胞」と、呼ばれています。

内側にある神経網膜には、光を感じ取る視覚細胞があり、大きく分けると錐体(すいたい)と、 桿体(かんたい)の2つがあります。

錐体は、光の色や明るさを感じ、主に網膜の中心付近(眼底)に多くあり、桿体は、 夜間でも弱い光を感じることができ、網膜の周辺部分に多くあります。 (ただ、桿体は色を感じることはできません。)

網膜は再生機能がないため、一度、損傷すると修復されることはありません。 また何かの原因で、網膜がはがれ網膜剥離(もうまくはくり)になった場合は、手術で治療しないと、失明する可能性が高くなります。

網膜は、角膜移植のように他人の角膜を移植したり、水晶体を人工的なものに、取り替えるようなことはできません。

なお、物が一番はっきり見える部分は「黄班」と呼ばれ、 その中心部には中心窩(ちゅうしんか)があります。




◆その他のレーシック用語集
◇レーシック
フラップとは
上皮フラップとは
角膜厚測定とは
角膜形状解析とは
エキシマレーザーとは
イントラレーザーとは
マイクロケラトームとは
エピケラトームとは
アイトラッカーとは
ウェーブフロントアナライザーとは
◇眼の構造
虹彩とは
房水とは
水晶体とは
毛様体とは
硝子体とは
網膜とは
脈絡膜とは
強膜とは
黄班とは
角膜上皮層とは
ボーマン膜とは
角膜実質層とは
デスメ膜とは
角膜内皮層とは
◇眼の異常
近視とは
乱視とは
遠視とは
老眼(老視)とは
弱視とは
◇眼の病気
ドライアイとは
飛蚊症とは
円錐角膜とは
白内障とは
緑内障とは
網膜剥離とは
◇その他
視力とは
円柱レンズとは
眼圧とは
屈折度数とは

HOME