レーシック110レーシック用語集>マイクロケラトームとは

レーシック用語集

マイクロケラトーム

マクロケラトームとは、レーシックウェーブフロントレーシック で使用される、超小型の金属メスで、フラップを作るために使用されます。
このフラップの出来が、レーシックにおいては重要なポイントになります。

マイクロケラトームは、眼球を固定させる部分と、フラップを作る金属ブレード(メス) の部分でできています。

フラップを作る前に、まず眼球が動かないように、しっかり固定しますが、このとき、 眼球をマイクロケラトームで吸着するため、網膜に負担がかかる、欠点があります。 (麻酔によって、痛みはありません。)

角膜を切り開いてフラップを作る金属ブレードは、ダイヤモンドやサファイア、ステンレスなどが使われ、 一眼ごとに使い捨てになっています。

以前は、使用するごとに消毒、殺菌されていましたが、使い捨てになったことで、感染症を心配することがなくなりました。

ただ、金属ブレードを往復させて、フラップを作るので、角膜に細かいスジがつくため、 術後に軽度の合併症が起るケースが、多くなっています。

また、医師が手動でマイクロケラトームを操作するため、医師の技量とマイクロケラトームの精度が、 フラップの出来ぐあいを、大きく左右することになります。

熟練の医師が、高精度のマイクロケラトームを使用して手術した場合は、視力がきちんと向上し、術後の経過もよく、 視力が手術前に戻ってしまう「視力の戻り」も、ほとんどありません。

最近、レーシックが盛んになったため、マイクロケラトームもそれに合わせて進歩しています。

以前、フラップの厚みは0.15ミリ程度でしたが、最近では0.11ミリとなり、 最新の機器では0.09ミリも可能になっています。

これは、イントラレーシックと同じくらいの精度で、その分、視力矯正できる範囲が広がったといえます。

また、日本人の眼の大きさや形状に、カスタマイズしたパーツも開発され、より手術の安全性と成功率が、高くなっています。




◆その他のレーシック用語集
◇レーシック
フラップとは
上皮フラップとは
角膜厚測定とは
角膜形状解析とは
エキシマレーザーとは
イントラレーザーとは
マイクロケラトームとは
エピケラトームとは
アイトラッカーとは
ウェーブフロントアナライザーとは
◇眼の構造
虹彩とは
房水とは
水晶体とは
毛様体とは
硝子体とは
網膜とは
脈絡膜とは
強膜とは
黄班とは
角膜上皮層とは
ボーマン膜とは
角膜実質層とは
デスメ膜とは
角膜内皮層とは
◇眼の異常
近視とは
乱視とは
遠視とは
老眼(老視)とは
弱視とは
◇眼の病気
ドライアイとは
飛蚊症とは
円錐角膜とは
白内障とは
緑内障とは
網膜剥離とは
◇その他
視力とは
円柱レンズとは
眼圧とは
屈折度数とは

HOME