レーシック110レーシック用語集>屈折度数とは

レーシック用語集

屈折度数

屈折度数とは、主にメガネやコンタクトの屈折度の単位をあらわし、近視や遠視を正視に矯正するときの、レンズの度数をいいます。

屈折度数の単位は、ディオプター、あるいはジオプター、ディオプトリと呼ばれ
「D」という単位が使われています。よく、コンタクトレンズのケースに表記されている単位です。

屈折検査は、オートレフ・ケラトメーター(オートレフラクトメータ)と呼ばれる、専門機器で、近視遠視乱視の度数を測ります。

屈折度数0が正視の状態で、近視だと−(マイナス)、遠視だと+(プラス)となります。

屈折度数は、
D=1m ÷焦点距離 m の計算式であらわされ、裸眼で実際にピントが合う距離を測ります。

例えば、
 ・焦点距離が0.5mであれば、
  D=1÷0.5=2 →−2D(近視)

 ・焦点距離が0.2mであれば、
  D=1÷0.2=5 →−5D(近視)
  となります。

屈折度数には、大まかな分類が設けられており、
例えば近視の場合、

 ・軽度近視・・・・−2D以上〜−3D未満
 ・中度近視・・・・−2D以上〜−6D未満
 ・強度近視・・・・−4D以上〜−10D未満
 ・最強度近視・・・・−6D〜−10D以上

となっています。しかし上記の数字は、あくまでわかりやすく分類されているだけで、医学的な根拠によって、 決められたものではありません。




◆その他のレーシック用語集
◇レーシック
フラップとは
上皮フラップとは
角膜厚測定とは
角膜形状解析とは
エキシマレーザーとは
イントラレーザーとは
マイクロケラトームとは
エピケラトームとは
アイトラッカーとは
ウェーブフロントアナライザーとは
◇眼の構造
虹彩とは
房水とは
水晶体とは
毛様体とは
硝子体とは
網膜とは
脈絡膜とは
強膜とは
黄班とは
角膜上皮層とは
ボーマン膜とは
角膜実質層とは
デスメ膜とは
角膜内皮層とは
◇眼の異常
近視とは
乱視とは
遠視とは
老眼(老視)とは
弱視とは
◇眼の病気
ドライアイとは
飛蚊症とは
円錐角膜とは
白内障とは
緑内障とは
網膜剥離とは
◇その他
視力とは
円柱レンズとは
眼圧とは
屈折度数とは

HOME