レーシック110レーシック用語集>近視とは

レーシック用語集

近視

近視とは、眼に入ってきた光が、網膜 よりも手前で焦点ができてしまい、物の形が、ぼやけてしまうことです。

通常、物の形がはっきり見えるときは、網膜上に正しく焦点ができます(=正視)が、近視になるとレンズの役割をしている、 水晶体の調整がうまくいかず、ピンボケ状態になります。

近視の代表的なものには、「屈折性近視」と「軸性近視」の2つがあります。

屈折性近視

屈折性近視は、角膜や水晶体の屈折率が大きすぎて、網膜の手前で焦点ができてしまいます。

長時間のパソコンの使用や、眼に負担のかかる細かい作業を、長い期間続けていると、水晶体の厚みを調整している 毛様体が、常に緊張した状態になります。

これによって、遠くのものを見たときに、水晶体の厚みをうまく調整できなくなり、物がぼやけて見えるわけです。

なお、テレビゲームを何時間も続けた後に、一時的に視力が落ちることがありますが、これは、「仮性近視」 あるいは、「偽近視」と呼ばれるもので、少し時間がたつと元の状態に戻ります。

レーシック用語・屈折性近視


軸性近視

一方、軸性近視は、眼球の形が変形しているために、物がぼやけて見えます。通常、人の眼は、ほぼ円球に近く大きさが 23〜25ミリ程度ですが、軸性近視になると角膜から網膜までの距離が、普通の人よりも遠くなります。

わかりやすくいうと、眼球が卵のように楕円になるために、光の屈折が正常なのに、 本来の位置に網膜がないため、物がぼやけて見えるわけです。
この軸性近視は、主に遺伝的な要素が大きいといわれています。

レーシック用語・軸性近視

*眼球が卵形になっているため、網膜の位置が後ろにずれています。




◆その他のレーシック用語集
◇レーシック
フラップとは
上皮フラップとは
角膜厚測定とは
角膜形状解析とは
エキシマレーザーとは
イントラレーザーとは
マイクロケラトームとは
エピケラトームとは
アイトラッカーとは
ウェーブフロントアナライザーとは
◇眼の構造
虹彩とは
房水とは
水晶体とは
毛様体とは
硝子体とは
網膜とは
脈絡膜とは
強膜とは
黄班とは
角膜上皮層とは
ボーマン膜とは
角膜実質層とは
デスメ膜とは
角膜内皮層とは
◇眼の異常
近視とは
乱視とは
遠視とは
老眼(老視)とは
弱視とは
◇眼の病気
ドライアイとは
飛蚊症とは
円錐角膜とは
白内障とは
緑内障とは
網膜剥離とは
◇その他
視力とは
円柱レンズとは
眼圧とは
屈折度数とは

HOME