レーシック110レーシック用語集>角膜上皮層とは

レーシック用語集

角膜上皮層

角膜上皮層は、厚さが約0.05ミリで、角膜の一番外側にあります。まぶたのまばたきによって、常に表面が涙で満たされていて、 外から細菌、ウイルス、ゴミなどの異物が侵入しないように、角膜を保護する役割をしています。

レーシック用語・角膜上皮層

角膜上皮層自体も、細かく見ると複数の層からできており、常に新しい上皮細胞を作り、 生まれ変わっています。

具体的には、角膜上皮層の一番下にある、「基底層」で細胞分裂して上皮細胞を作り、それを角膜上皮層の上へ、 順番に送り出しています。

そして、古くなった上皮細胞は、不要なものとして涙によって身体の外に排出されます。

このため、角膜上皮層の表面が、何かの理由で傷ついた場合も、時間がたつと 自然に傷口が治ってしまうのです。(再生機能)

視力矯正手術の、ラセック(LASEK)PRKエピレーシックでは、この角膜上皮層だけで、フラップを作ります。(これを上皮フラップといいます。)

これらの手術で角膜上皮層を切っても、1〜2週間ほどたつと新しい上皮細胞と入れ替わって、 手術前の状態に戻ります。

なお、角膜上皮層は痛みを感じる部分なので、手術するときは局所麻酔して、痛みを感じないようにします。




◆その他のレーシック用語集
◇レーシック
フラップとは
上皮フラップとは
角膜厚測定とは
角膜形状解析とは
エキシマレーザーとは
イントラレーザーとは
マイクロケラトームとは
エピケラトームとは
アイトラッカーとは
ウェーブフロントアナライザーとは
◇眼の構造
虹彩とは
房水とは
水晶体とは
毛様体とは
硝子体とは
網膜とは
脈絡膜とは
強膜とは
黄班とは
角膜上皮層とは
ボーマン膜とは
角膜実質層とは
デスメ膜とは
角膜内皮層とは
◇眼の異常
近視とは
乱視とは
遠視とは
老眼(老視)とは
弱視とは
◇眼の病気
ドライアイとは
飛蚊症とは
円錐角膜とは
白内障とは
緑内障とは
網膜剥離とは
◇その他
視力とは
円柱レンズとは
眼圧とは
屈折度数とは

HOME