レーシック110レーシック用語集>角膜実質層とは

レーシック用語集

角膜実質層

角膜実質層とは、角膜の厚みの90%ほどをしめる層で、厚みは約0.4〜0.5ミリ程度です。

主成分はコラーゲン繊維とたんぱく質で、外から入ってきた光を屈折させる重要な役割をしています。

しかし、再生能力はほとんどありませんので、ここを損傷した場合は、視力に大きな影響があります。

レーシック手術が可能かどうかは、角膜の厚みが必要だといわれますが、実はこの角膜実質層の厚みが、 大きなポイントになります。

レーシック用語・角膜実質層

レーシックでは、この角膜実質層をエキシマレーザーで矯正(削る)して、 視力を向上させる手術なので、角膜実質層に厚みがあると、それだけ矯正できる余裕が大きくなります。

その逆に、厚みが薄い場合は、わずかの矯正しかできないため、結果的に手術しても、視力の向上につながらないのです。

ですから、角膜実質層の薄い方や強度の近視の方は、手術を断られるケースが多くなります。

特にレーシックイントラレーシックウェーブフロントレーシックでは、
角膜上皮層+ボーマン膜+角膜実質層の一部を切って、フラップを作るため、手術がむずかしくなります。

ただし、ラセック(LASEK)PRKエピレーシックであれば、角膜の薄い方や強度の近視の方も、手術が可能になります。




◆その他のレーシック用語集
◇レーシック
フラップとは
上皮フラップとは
角膜厚測定とは
角膜形状解析とは
エキシマレーザーとは
イントラレーザーとは
マイクロケラトームとは
エピケラトームとは
アイトラッカーとは
ウェーブフロントアナライザーとは
◇眼の構造
虹彩とは
房水とは
水晶体とは
毛様体とは
硝子体とは
網膜とは
脈絡膜とは
強膜とは
黄班とは
角膜上皮層とは
ボーマン膜とは
角膜実質層とは
デスメ膜とは
角膜内皮層とは
◇眼の異常
近視とは
乱視とは
遠視とは
老眼(老視)とは
弱視とは
◇眼の病気
ドライアイとは
飛蚊症とは
円錐角膜とは
白内障とは
緑内障とは
網膜剥離とは
◇その他
視力とは
円柱レンズとは
眼圧とは
屈折度数とは

HOME