レーシック110レーシック用語集>角膜厚測定とは

レーシック用語集

角膜厚測定

角膜厚測定とは、パキメーターという医療機器で、角膜 の厚みを測ることです。パキメーターには、ペン状の形をしたプローブと呼ばれるパーツが付いていて、 それを角膜に軽くあてます。
そして超音波を使って、実際の角膜の厚みをミクロン単位まで、測定します。

角膜厚測定のときは、点眼薬で局所麻酔しているので、痛みは全くありません。測定する場所は、 角膜の中央部とその近辺、角膜の周辺部の3カ所で、測定時間は1〜2分ほどで終了します。

レーシックなどの視力矯正手術では、エキシマレーザーで削った後の、 角膜の厚みを0.4ミリ以上残すのが、基準になっています。これによって、 手術後の角膜の強度を維持しています。

このため、角膜が薄くて、この基準をクリアできない場合は、手術不可能となるわけです。

このことから、エキシマレーザーで、角膜を削ることができる厚みは、

角膜の厚み−0.4ミリ−フラップの厚み=削ることができる厚み

となります。つまり、角膜が厚いほどレーシックで矯正できる(削る)余裕が、大きくなるといえます。

ちなみに、20才代の日本人の平均的な角膜の厚みは、中央部が約0.55ミリで、周辺部にいくに従って、 徐々に厚くなり約0.65ミリほどになります。




◆その他のレーシック用語集
◇レーシック
フラップとは
上皮フラップとは
角膜厚測定とは
角膜形状解析とは
エキシマレーザーとは
イントラレーザーとは
マイクロケラトームとは
エピケラトームとは
アイトラッカーとは
ウェーブフロントアナライザーとは
◇眼の構造
虹彩とは
房水とは
水晶体とは
毛様体とは
硝子体とは
網膜とは
脈絡膜とは
強膜とは
黄班とは
角膜上皮層とは
ボーマン膜とは
角膜実質層とは
デスメ膜とは
角膜内皮層とは
◇眼の異常
近視とは
乱視とは
遠視とは
老眼(老視)とは
弱視とは
◇眼の病気
ドライアイとは
飛蚊症とは
円錐角膜とは
白内障とは
緑内障とは
網膜剥離とは
◇その他
視力とは
円柱レンズとは
眼圧とは
屈折度数とは

HOME