レーシック110レーシック用語集>上皮フラップとは

レーシック用語集

上皮フラップ

上皮フラップとは、エピ(EPI)レーシックや、 ラセック(LASEK)手術の初期段階で作る、円形状のふた のことをいいます。

上皮フラップは、患者さんの角膜の一番外側の層だけを切ったもので、 完全に角膜から切り離さず、その一部を角膜につなげたままにして、めくります。そのめくった跡に、エキシマレーザーを照射して、視力を向上させます。

角膜は、単に1枚の膜だけではなく、次のような5つの層からできています。  ・角膜上皮層
 ・ボーマン膜
 ・角膜実質層
 ・デスメ膜
 ・角膜内皮層

上皮フラップは、この角膜上皮層だけで作られたフラップなので、この名称がついています。

それに対して、レーシック、ウェーブフロントレーシック、イントラレーシックは、
角膜上皮層+ボーマン膜+角膜実質層の一部で作られるので、単にフラップという名称になっています。

角膜上皮層は、その厚みが約0.05ミリで再生能力があり、たとえ手術しても、1〜2週間ほどで、新しい角膜上皮層と完全に入れ替わります。

そのため、手術で上皮フラップを用いる、エピ(EPI)レーシックやラセック(LASEK)は、 激しい運動をするスポーツ選手や、格闘家の方に向いた手術といえます。ただ、この2つの手術では、術後少し痛みが残るのが、欠点といえます。

なお、エピ(EPI)レーシックでは、エピケラトーム上皮フラップを作り、 ラセック(LASEK)では、アルコール上皮フラップを作ります。




◆その他のレーシック用語集
◇レーシック
フラップとは
上皮フラップとは
角膜厚測定とは
角膜形状解析とは
エキシマレーザーとは
イントラレーザーとは
マイクロケラトームとは
エピケラトームとは
アイトラッカーとは
ウェーブフロントアナライザーとは
◇眼の構造
虹彩とは
房水とは
水晶体とは
毛様体とは
硝子体とは
網膜とは
脈絡膜とは
強膜とは
黄班とは
角膜上皮層とは
ボーマン膜とは
角膜実質層とは
デスメ膜とは
角膜内皮層とは
◇眼の異常
近視とは
乱視とは
遠視とは
老眼(老視)とは
弱視とは
◇眼の病気
ドライアイとは
飛蚊症とは
円錐角膜とは
白内障とは
緑内障とは
網膜剥離とは
◇その他
視力とは
円柱レンズとは
眼圧とは
屈折度数とは

HOME