レーシック110レーシック用語集>飛蚊症とは

レーシック用語集

飛蚊症(ひぶんしょう)

飛蚊症とは、視界の中に黒い虫や糸くずが、浮かんでいるように見える症状をいいます。明るい場所や青空など、背景が明るいときよく見える現象で、視線を動かすとそれと一緒に動きます。

レーシック用語・飛蚊症、硝子体、網膜

飛蚊症は、眼球の硝子体に何かの原因で、にごりができたときに症状が現れます。その多くは加齢による老化現象が一番多く、特別な治療は必要ありません。

しかし、原因によっては、網膜剥離(もうまくはくり)などの重い症状になることもありますので、注意が必要です。

硝子体剥離(しょうしたいはくり)

硝子体と網膜が離れることによって、にごりができるもので、飛蚊症の原因で一番多くなっています。

眼が正常な場合は、硝子体と網膜がぴったりくっついていますが、加齢による老化や、眼を強く打撲したときなどに起ります。たとえ症状が進行しても、日常生活に支障がでるようなことは、あまりありません。

生理的飛蚊症

お母さんのお腹にいるときに、本来はなくなっているべき細胞が消えずに、そのまま硝子体に残っているケースです。ほとんどの場合、症状は進行することがなく、治療の必要はありません。

出血

高血圧、糖尿病、眼の打撲などで、眼の中に出血した場合に起ります。出血が一度だけであれば、時間がたつと症状が改善されますが、出血を繰り返した場合は、レーザー光で治療が必要です。

強度の近視(網膜裂孔、網膜剥離)

強度の近視だと、硝子体剥離が起りやすく、病状がそれで止まればよいのですが、網膜に穴が開く網膜裂孔から、網膜剥離に悪化するケースがあります。

このため、強度の近視の方が飛蚊症になったときは、すぐにクリニックで、検査してもらうことが必要です。

ぶどう膜炎

ぶどう膜で炎症が起った場合も、硝子体ににごりができます。ときには、症状が進行して、視力に支障がでるケースもありますので、早めに炎症を抑える必要があります。
*ぶどう膜とは、虹彩、毛様体、脈絡膜の3つの総称です。




◆その他のレーシック用語集
◇レーシック
フラップとは
上皮フラップとは
角膜厚測定とは
角膜形状解析とは
エキシマレーザーとは
イントラレーザーとは
マイクロケラトームとは
エピケラトームとは
アイトラッカーとは
ウェーブフロントアナライザーとは
◇眼の構造
虹彩とは
房水とは
水晶体とは
毛様体とは
硝子体とは
網膜とは
脈絡膜とは
強膜とは
黄班とは
角膜上皮層とは
ボーマン膜とは
角膜実質層とは
デスメ膜とは
角膜内皮層とは
◇眼の異常
近視とは
乱視とは
遠視とは
老眼(老視)とは
弱視とは
◇眼の病気
ドライアイとは
飛蚊症とは
円錐角膜とは
白内障とは
緑内障とは
網膜剥離とは
◇その他
視力とは
円柱レンズとは
眼圧とは
屈折度数とは

HOME