レーシック110レーシック用語集>白内障とは

レーシック用語集

白内障

白内障とは、眼の水晶体に白いにごりができて、視力が低下する病気で、別名「しろそこひ」とも呼ばれています。

水晶体は、カメラのレンズにあたる所で、ここが白くにごると光を通しにくくなり、その結果、ものがぼやけて見えたり、二重に見えたり、あるいは視野が狭くなったりします。

白内障をそのままにしておくと、ほとんどの場合失明してしまうので、十分注意が必要です。(ただ、眼の充血・出血や、痛みがでることはありません。)

レーシック用語・白内障、水晶体

白内障になる原因は、まだ正確には解明されていないのですが、加齢によって正常なアミノ酸ができない影響で、水晶体のたんぱく質を白くにごらせてしまうというのが、現在の学説のようです。

その根拠として、加齢による老化現象として起る、「老人性白内障」が一番多いことがあげられています。

この老人性白内障は、40才代になると5〜10%、50才代になると40〜70%、60才代になると70%以上の成人に、起きてきます。

白内障にはその他、糖尿病によるもの、眼の外傷によるもの、先天性のものなど、いくつかの種類があります。

一度、白内障になって、水晶体が白くにごってしまうと、薬や手術でも元通り透明にすることはできず、その進行を完全に止めることもできません。そして、白内障が進行して、かなり視力が低下したときは、手術以外の解決方法はありません。

そこで、軽度のときは点眼薬や内服薬で、できるだけ進行を遅らせ、日常生活に支障が出てきたときに、手術することになります。

手術による回復の程度は、眼の状態によって変わってきますが、失明は避けることができます。

白内障では、ほとんどの場合、水晶体の周辺部分からにごり始め、その後で中心部分がにごり始めます。このため、自覚症状がでたときは、かなり症状が進んでいたという、ケースが多くなっています。

白内障に限らず、眼の病気は一般の人では正しく判断できませんので、異常を感じたら早めにクリニックで、検査してもらうのがよいでしょう。




◆その他のレーシック用語集
◇レーシック
フラップとは
上皮フラップとは
角膜厚測定とは
角膜形状解析とは
エキシマレーザーとは
イントラレーザーとは
マイクロケラトームとは
エピケラトームとは
アイトラッカーとは
ウェーブフロントアナライザーとは
◇眼の構造
虹彩とは
房水とは
水晶体とは
毛様体とは
硝子体とは
網膜とは
脈絡膜とは
強膜とは
黄班とは
角膜上皮層とは
ボーマン膜とは
角膜実質層とは
デスメ膜とは
角膜内皮層とは
◇眼の異常
近視とは
乱視とは
遠視とは
老眼(老視)とは
弱視とは
◇眼の病気
ドライアイとは
飛蚊症とは
円錐角膜とは
白内障とは
緑内障とは
網膜剥離とは
◇その他
視力とは
円柱レンズとは
眼圧とは
屈折度数とは

HOME