レーシック110レーシック用語集>エピケラトームとは

レーシック用語集

エピケラトーム

エピケラトームとは、エピ(EPI)レーシックで、フラップを作るための医療機器で、 従来のレーシックよりも、薄いフラップを作ることができます。

エピケラトームのフラップは、角膜の表面部分(角膜上皮層) のみで作られ、厚さは約0.05ミリです。角膜上皮層だけのフラップなので、レーシックのフラップと区別して「上皮フラップ」 と呼ばれています。

一方、従来のレーシックのフラップの厚さは、標準で約0.15ミリ、最新機器を使っても約0.09ミリになります。

エピケラトームでフラップを薄くする利点は、レーシックよりも角膜の厚みを残すことができ、角膜の形を矯正できる余裕が、 大きくなることです。

これによって、角膜の薄い方や強度の近視の方でも、手術が可能になりました。

エピケラトームでは、角膜上皮層だけで、上皮フラップを作ります。この角膜上皮層は、 再生機能があるため、手術で切った場合でも、1週間〜2週間ほどで、 新しい角膜上皮層と入れ替わります。

このため、格闘家やスポーツ選手で、眼に強い刺激を受ける方にも向いているのです。

ただし、エピレーシックの手術後は、数日〜1週間ほどは、保護用のコンタクトレンズ をつける必要があり、角膜上皮層(上皮フラップ)が再生するまで、少し痛みが残ります。

なお、ラセック(LASEK)手術でも、上皮フラップを作りますが、 この手術ではアルコールで上皮フラップを作るため、エピケラトームは使用されません。




◆その他のレーシック用語集
◇レーシック
フラップとは
上皮フラップとは
角膜厚測定とは
角膜形状解析とは
エキシマレーザーとは
イントラレーザーとは
マイクロケラトームとは
エピケラトームとは
アイトラッカーとは
ウェーブフロントアナライザーとは
◇眼の構造
虹彩とは
房水とは
水晶体とは
毛様体とは
硝子体とは
網膜とは
脈絡膜とは
強膜とは
黄班とは
角膜上皮層とは
ボーマン膜とは
角膜実質層とは
デスメ膜とは
角膜内皮層とは
◇眼の異常
近視とは
乱視とは
遠視とは
老眼(老視)とは
弱視とは
◇眼の病気
ドライアイとは
飛蚊症とは
円錐角膜とは
白内障とは
緑内障とは
網膜剥離とは
◇その他
視力とは
円柱レンズとは
眼圧とは
屈折度数とは

HOME