レーシック110レーシック用語集>円柱レンズとは

レーシック用語集

円柱レンズ

円柱レンズとは、円柱をたてて、その軸に平行な平面で切り取った、レンズをいいます。 別名”シリンダーレンズ”とも呼ばれています。

軸方向では光を屈折させることはできませんが、軸と垂直方向では、光を屈折させることができます。

円柱レンズには、凹レンズと凸レンズの2種類があり、主に乱視 を矯正するときに使用されます。

レーシック用語・円柱レンズ

乱視は、角膜水晶体の形に、ひずみがあることによって生じます。しかし、これを矯正するには、通常のメガネやコンタクトレンズで使われている、球面レンズだけではうまくいきません。そこで、円柱レンズを使用することになります。

実際に乱視用のレンズを作る場合は、球面レンズと円柱レンズを組み合わせた、 「非曲面レンズ」と呼ばれるものを作ります。

乱視の場合、近視や遠視と違って、1人1人乱視の状態がかなり違いますので、球面レンズと円柱レンズを、 いろいろ組み合わせて、その人に合った最適なレンズが、必要になります。

なお、視力矯正手術では、ウェーブフロントレーシックが、乱視を矯正するのに適した手術になります。




◆その他のレーシック用語集
◇レーシック
フラップとは
上皮フラップとは
角膜厚測定とは
角膜形状解析とは
エキシマレーザーとは
イントラレーザーとは
マイクロケラトームとは
エピケラトームとは
アイトラッカーとは
ウェーブフロントアナライザーとは
◇眼の構造
虹彩とは
房水とは
水晶体とは
毛様体とは
硝子体とは
網膜とは
脈絡膜とは
強膜とは
黄班とは
角膜上皮層とは
ボーマン膜とは
角膜実質層とは
デスメ膜とは
角膜内皮層とは
◇眼の異常
近視とは
乱視とは
遠視とは
老眼(老視)とは
弱視とは
◇眼の病気
ドライアイとは
飛蚊症とは
円錐角膜とは
白内障とは
緑内障とは
網膜剥離とは
◇その他
視力とは
円柱レンズとは
眼圧とは
屈折度数とは

HOME