レーシック110レーシック用語集>円錐角膜とは

レーシック用語集

円錐角膜

円錐角膜とは、眼の角膜の中心部分が、 円錐状に突き出して変形してしまうことをいいます。

この変形によって、近視や乱視、不正乱視が起り、症状が悪化すると角膜の移植手術が必要ですが、 手術すれば失明することはないようです。

どうして、円錐角膜になるのかは、今のところはっきりした原因は、わかっていません。

遺伝性の病気であるとか、性別によって発病する人数が大きく違うため、ホルモンが関係しているなど、 いくつかの説がありますが、これといった決定的な原因は、究明されていません。(日本では3:1で、圧倒的に男性が多い)

円錐角膜は、ほとんどの場合10才後半〜20才前半に発病し、30才前後で進行が止まるのが普通ですが、 人によってはそれ以降も、進行する場合があります。

発病の初期段階では、物の見え方に違和感を感じたり、明るさに過敏に反応するようになり、クリニックで検査して初めて、 円錐角膜であることが、わかるケースもあります。

治療法は、点眼薬や内服薬での効果はなく、ハードコンタクトレンズによる矯正が行なわれています。 だいたい裸眼視力0.02ぐらいまでは、ハードコンタクトレンズでも、視力は回復します。

ただし、円錐角膜の状態には個人差があるため、その人に合ったコンタクトを作るのは、なかなか難しいようです。

そして、ハードコンタクトで対応できなくなると、角膜移植手術が必要になってきます。

この円錐角膜になると、角膜が前に突き出すので、角膜が薄くなります。 このため、レーシックなどの視力矯正手術は、残念ながら受けられません。




◆その他のレーシック用語集
◇レーシック
フラップとは
上皮フラップとは
角膜厚測定とは
角膜形状解析とは
エキシマレーザーとは
イントラレーザーとは
マイクロケラトームとは
エピケラトームとは
アイトラッカーとは
ウェーブフロントアナライザーとは
◇眼の構造
虹彩とは
房水とは
水晶体とは
毛様体とは
硝子体とは
網膜とは
脈絡膜とは
強膜とは
黄班とは
角膜上皮層とは
ボーマン膜とは
角膜実質層とは
デスメ膜とは
角膜内皮層とは
◇眼の異常
近視とは
乱視とは
遠視とは
老眼(老視)とは
弱視とは
◇眼の病気
ドライアイとは
飛蚊症とは
円錐角膜とは
白内障とは
緑内障とは
網膜剥離とは
◇その他
視力とは
円柱レンズとは
眼圧とは
屈折度数とは

HOME