レーシック110レーシック用語集>デスメ膜とは

レーシック用語集

デスメ膜

デスメ膜は、厚さ0.01ミリほどのたいへん薄い膜で、角膜実質層角膜内皮層を結びつける、働きをしています。

レーシック用語・デスメ膜

デスメ膜は、その薄さにもかかわらず、大変強くできており、外から強い刺激があったときも、 角膜全体の形を保つ働きもあります。

レーシックでは、デスメ膜を治療することはなく、視力矯正手術には直接関係していません。

なお、デスメ膜は再生機能がありますので、傷がついたときは自然に修復されます。




◆その他のレーシック用語集
◇レーシック
フラップとは
上皮フラップとは
角膜厚測定とは
角膜形状解析とは
エキシマレーザーとは
イントラレーザーとは
マイクロケラトームとは
エピケラトームとは
アイトラッカーとは
ウェーブフロントアナライザーとは
◇眼の構造
虹彩とは
房水とは
水晶体とは
毛様体とは
硝子体とは
網膜とは
脈絡膜とは
強膜とは
黄班とは
角膜上皮層とは
ボーマン膜とは
角膜実質層とは
デスメ膜とは
角膜内皮層とは
◇眼の異常
近視とは
乱視とは
遠視とは
老眼(老視)とは
弱視とは
◇眼の病気
ドライアイとは
飛蚊症とは
円錐角膜とは
白内障とは
緑内障とは
網膜剥離とは
◇その他
視力とは
円柱レンズとは
眼圧とは
屈折度数とは

HOME