レーシック110レーシック用語集>ボーマン膜とは

レーシック用語集

ボーマン膜

ボーマン膜は、角膜上皮層角膜実質層 の間にある、厚さ0.01ミリほどの大変薄い膜で、コラーゲン繊維で作られています。

再生能力はないので、一度、ボーマン膜が傷ついたり取り除かれた場合は、一生涯そのままの状態になります。また、痛みを感じる部分でもありません。

レーシック用語・ボーマン膜

ボーマン膜の役割は、角膜上皮層をささえ、角膜の形を保つといわれていますが、最近の研究では、 それほどの役割はしていないという、報告もあります。

実際、ボーマン膜を完全に取り除いた場合でも、角膜が変形したり視力が低下した、 というトラブルはないようです。

例えば、ラセック(LASEK)PRKエピレーシックでは、エキシマレーザーの照射で、ボーマン膜が取り除かれますが、視力に支障が出たという報告はありません。

ボーマン膜は、19世紀にウィリアム・ボーマンが発見したので、この名前がつきました。

なお、レーシックイントラレーシックウェーブフロントレーシックでは、
角膜上皮層+ボーマン膜+角膜実質層の一部で、フラップを作るので、手術後もボーマン膜は、角膜に残ります。




◆その他のレーシック用語集
◇レーシック
フラップとは
上皮フラップとは
角膜厚測定とは
角膜形状解析とは
エキシマレーザーとは
イントラレーザーとは
マイクロケラトームとは
エピケラトームとは
アイトラッカーとは
ウェーブフロントアナライザーとは
◇眼の構造
虹彩とは
房水とは
水晶体とは
毛様体とは
硝子体とは
網膜とは
脈絡膜とは
強膜とは
黄班とは
角膜上皮層とは
ボーマン膜とは
角膜実質層とは
デスメ膜とは
角膜内皮層とは
◇眼の異常
近視とは
乱視とは
遠視とは
老眼(老視)とは
弱視とは
◇眼の病気
ドライアイとは
飛蚊症とは
円錐角膜とは
白内障とは
緑内障とは
網膜剥離とは
◇その他
視力とは
円柱レンズとは
眼圧とは
屈折度数とは

HOME